この記事をシェアする

殺菌するために唾液が出る

唾液の分泌が減る理由

バイ菌を除去するだけでなく、少しだけ溶けた歯の表面を治す効果も唾液にあります。
口腔内で、唾液の存在は非常に重要だと思ってください。
大きなストレスを抱えている時は、唾液の分泌量が著しく下がってしまいます。
口腔内が不潔な環境になってバイ菌が繁殖してしまい、虫歯に繋がると覚えておきましょう。

口腔内が乾いていると思ったら水分を補給し、ストレスの原因を考えましょう。
仮に唾液が出ていても、粘度が高いものでは効果を発揮できません。
バイ菌を除去し、口内を清潔な状態にできるのはサラサラしている唾液です。
唾液と心は非常に密接な関係にあり、リラックスしている時は、たくさんサラサラする唾液が分泌されると言われています。

精神系の薬が唾液の量を減らす

ストレスを抱え込みすぎると、精神的な病気を発症することがあります。
治すためには薬の力を借りなければいけませんが、薬の副作用で唾液の分泌量が低下することがあると覚えておきましょう。
薬の種類によって、副作用は変わります。
ほとんどの薬が持っている副作用なので、薬を飲んでいる人は普段よりも多めに水分を補給し、積極的に唾液を出すよう努力してください。

唾液が出なくなるからと、病院で処方された薬を飲まないのはいけません。
薬を飲まなければ、いつまで経っても精神的な病気を治せません。
一番良いのはストレスをなくし、心をリラックスさせることです。
質の良い睡眠を確保することもおすすめなので、ヒーリング効果のある音楽を聴きながら就寝しましょう。